NPO(非営利)団体habilidoso futsal clubeは、2009年に創部し8年を経過し、現在はクラブ員も90名を越えるクラブへと成長してまいりました。これもひとえにクラブの活動に対して、ご理解いただいている皆様のご支援やご協力の賜であると、感謝しております。

当クラブは学年にとらわれない、クラス編成の確立やクラブ主催の定期的な試合、施設との共催でのジュニアクリニックや個人参加のゲーム会の開催など、「ジュニア選手の育成」をより強化する活動ができて来ていると手ごたえを感じております。

クラブを立ち上げた際に掲げた、『フットサルから世界へ』という言葉を今一度心に刻み、スタッフと共にジュニア選手の育成に邁進していきます。
皆様におかれましても、今後ともhabilidoso futsal clubeの活動におきまして、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。

habilidoso futsal clube 代表 石黒 裕二 


重 要 11月以降のクラブへの入部について

現在、当クラブに入部のお問い合わせを非常に多くいただいております。
特にバモス、パッソクラスにつきましては、クラブが想定している人数に達しました。

今後は、体験練習をお受けした後でも、同クラスを対象と判断させていただきました場合には、不本意ながら入部をお断りせざるを得ない事がございますことをご了承下さい。

クラブからのお願い

当クラブは、石黒裕二を代表とした、ジュニア年代を中心とした、非営利のフットサルクラブです。指導者は、石黒代表をはじめ、全員がスポーツボランティアとして参加している、いわゆる「地域のクラブチーム」です。
ホームコートとして使用させていただいている、フットサル場(アビリドーゾ フットサルパーク様)と、当クラブは別団体です。
日中、全指導者は、それぞれ仕事を持ちながら指導にあたっておりますので、クラブに対するご質問、お問い合わせ等は、できるだけメールにてご連絡頂けますようお願い致します。


2016年3月1日付で、石黒裕二代表は、フットボールアパレルメーカーである 『 GRANDE FOOTBALL PRODUCTS 』様と、サプライヤー契約を締結されました。
非営利団体の代表ならびに、クラブチームをサポートしていただけるというのは、非常に珍しくまた、ありがたい事だと思います。
クラブ員の皆様にも、ウェア類の特別販売や練習のサポートなど、有益となる事を少しでも増やしていきたいと思います。
habilidoso futsal clube 事務局